ミニマリスト目指すなら必読の手ぶらで生きるという本

ミニマリスト

ミニマリストせつなです。

僕がミニマリストになったきっかけでもあるミニマリストしぶさんの手ぶらで生きるという本を紹介したいと思います。

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

僕の自己紹介はこちらでどうぞ。

自己紹介でもありますが、僕は結婚予定の彼女との突然の別れから失意のどん底に落ちてネットをさまよってた頃、ミニマリストしぶさんのブログにたどり着き、そこから無我夢中の断捨離をして今ミニマリストとして活動をし、こうやってブログを書くことに至ります。

簡単に説明するとミニマリストとして、ヒト モノ カネについて書かれています。

項目は全部で50個。小さな部屋でミニマムライフコストを抑えて、モノを持たない暮らしをする方法が書かれています。

僕が衝撃を受けたのは月7万円でも生活できるということ。

ブログだけで生計も建てれるし、最悪コンビニアルバイトでも十分生きていくお金は賄える。

表紙裏にも書かれていますが、最小限のお金で生きて、最大限の自由を得る

まさしくその通りだと思います。

増やすなら投資になるものを、生きるのに必要なものはそう多くない。確かにそうです。

今はスマホ一つあれば大抵のことはできるし、街にはコインランドリーやスーパー等洗濯機や冷蔵庫を所有しなくても生活できる暮らしの環境が十分揃っています。

ミニマリストはムダを省きコストを下げることで仕事や、自由な時間を手にする。これが最大のポイントですね。

僕の部屋も以前の部屋今の部屋では大きく変わりました。この本を読んで必要なモノの取捨選択ができるようになったからかなと思います。

カネについても月60万の貯蓄を置いて残りは自己投資等に回す。僕の場合は100万円ほどは手元に置いておかないと何か合った時に対応できなくなりますが、僕の自己投資はストアカや本を買ったりして勉強しています。

固定費の削減方法や、部屋の家賃を下げる方法などミニマリストじゃなくても一人暮らしの方が読んでもなるほどという内容になっています。

僕は社会人をしながらブログを書いているので時間の捻出は中々難しいですが、こうして毎日ではないですが、ブログを更新することができています。

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

特に固定費を下げることについてスマホを格安simに変えることや家賃を下げることによるメリット等も書かれています。

私服の制服化など全てを僕は実践するつもりはありません。実際僕はモノを持たない暮らしでもテレビ 洗濯機 冷蔵庫は持っていますし、私服もある程度は制服化しましたが、靴を同じのを揃えるなどそこまでストイックには考えていません。ただ本を読んでいいところは取り入れている状況です。

ミニマリストですが、僕はシンプリストよりの属性かなと思っています。

しかし、家賃を抑えて築2年の4万5千円のいい部屋を見つけることができたし、モノの出口を考えて市場価値のあるものを手に入れたりと、以前は約7万円の部屋に住んでいましたが、ミニマムライフコストを下げたことで逆に今まで持っていたモノよりも良いものを持つことができたし、部屋も狭い部屋なりにスペースをとって生活することができました。

全てこの本のおかげかなと思っています。

必要なのは自分の出費と収入をしっかり把握すること。

ミニマムライフコストを下げることで生活に余裕を持たせること。

給料を上げることは難しいが、生活水準を下げることはプライドを捨てれば容易であること

本当におしゃれな部屋で高い部屋に住みたいなんてプライドは捨てたほうがいいかと思います。

家賃は掛け捨てだからコストは下げたほうが絶対にいい。

浮いた家賃のお金を投資できるモノに使う。これが正しいカネの使い方ですよね。

これから一人暮らしをされている方。今もう一人暮らしをされている方。またミニマリストになりたい方は是非読んでもらいたい一冊です。人生がガラッと変わると思います。

以上、今回はミニマリストしぶさんの本を紹介させて頂きました。1200円でスキルを身につけれるなら高くない買い物かなと思います。ぜひ検討して見てくださいね。

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

最後まで読んでくださり有難うございました。

久々の更新になりましたが、今後ともよろしくお願い致します。

では次のブログで

ミニマリストせつな

ミニマリスト
シェアする
setunaをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストせつなのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました