コーヒー代の節約にはインスタントコーヒーがおすすめです。

ミニマリスト

ミニマリストせつなです。

今回は僕の好きなコーヒーについて話をしたいと思います。

初めに

この記事はコーヒーの成分、カフェインの効用等を説明する記事ではありません。経済的にみて缶コーヒーとスティックコーヒーで費用がどれだけ違うのかを紹介する節約記事です

コーヒーのお得な飲み方(インスタントを利用)

僕は根っからのコーヒー大好き人間で今まで缶コーヒーを一日3本は飲んでいたくらい大好きでした。

ちなみに僕の好きな缶コーヒーはモーニングショット 金の微糖 エメラルドマウンテン

この3つをよく飲んでいました。

最近節約、コスト削減を考えてスティックコーヒーを飲んでいます。

結論から言うとスティックコーヒーに代用すると非常にお金の節約になります。

下記の方でもコストの違いを説明していますので是非見て見てください。

当たり前かもしれませんが全然節約金額が変わってきます。

まずは僕の飲んでいるスティックコーヒーを紹介します。

上記は僕の今飲んでいるネスカフェゴールドブレンド

スーパーで1箱500円くらいです。1ロット28本入 1杯当たり18円くらいです。

商品コンセプトとしてはインスタントコーヒーで有名なゴールドブレンド

その中でもクリープ 砂糖 コーヒーが一緒に入ったスティックタイプのコーヒーです。

僕は無糖は普段飲まないので全て入っているスティックタイプは非常に便利。家に帰ってサッと飲みたいときに入れるだけでお湯を注げばすぐ飲める。

クリープも砂糖も一緒に入っているのは手間も省けて非常にミニマリストに相性がいいですよね。時間と手間の節約。

味もインスタントながら深い味わいで甘さも程よく僕は非常に飲みやすいです。

下記は100本入りのジャンボパック。寒い冬にいかがでしょうか?

コーヒー淹れる手順が面倒だともう缶コーヒーでいいやって思っちゃいます、僕。まだまだ意志が弱いですね。

とはいえ手軽で便利で暖かい最強は缶コーヒーですよね。

その分の対価を高いお金で払っているのかなって思います。

缶コーヒーとインスタントコーヒーのコストをみてみる 

お金を入れると暖かい缶コーヒーが出てくる自動販売機。

確かに便利ではありますが仮に毎日3本飲んだとしたらどれだけコストがかかるでしょうか?

もし一本100円❎本❎31日❎12ヶ月ならおよそ111600円かかります。

こちらが仮に500円のスティックコーヒー(ロット28本)なら1日に3杯飲んでも

もし一杯 18円❎杯❎31日❎12ヶ月ならおよそ20088円ですみます。

引き算すると。。。

1年で91512円の差が出てきます。さらに1ヶ月分で割ると7626

缶コーヒーとの差はかなり大きいですよね。このお金なら毎月の光熱費くらい余裕で払えます。。。

手軽で便利な缶コーヒーしかし、コップを洗う手間さえ我慢すれば毎月これだけお金が浮いてきます。どう思いますでしょうか?

僕のインスタントコーヒーの飲み方について紹介 

基本的にケトルで湯を沸かしてカップにスティックコーヒーを入れてお湯を注いで混ぜるだけ。

特に目新しいことも珍しいこともありませんが、簡単便利で暖かいコーヒーを飲めるのは缶コーヒーにも負けません。

下記に僕のコーヒーセットを紹介しておきます。(いたって普通です)

愛用しているティファール。少量のお湯ならすぐに沸きます。

家に耐熱カップがなかったので急遽購入。結構入ってて100円でした。

コーヒー好きな人はこれを機会にスティックコーヒーへの移行を検討して見てはいかがでしょうか?

缶コーヒーとインスタントコーヒーの違いの説明を終えて

以上今回は缶コーヒーとスティックコーヒーのコストの違いに関しての記事でした。

コーヒー以外でも色々と節約できるモノは色々とあると思います。

コーヒーはほんの一例に過ぎないので他のもので出来ることを是非日常でも取り入れて見てくださいね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ではまた次のブログで

ミニマリストせつな

コメント

タイトルとURLをコピーしました