ミニマリストだけどタバコ辞めたい話

ミニマリスト

ミニマリストせつなです。

本日はタバコについて話をしていきたいと思います。

僕は一時期タバコをやめていました。

禁煙外来にも通っていたほどでした。

そんな僕ですが、彼女との別れのショックから情けないことに辞めていたタバコをまた復活してしまいました。

とはいえブログを書きながらも僕はタバコを辞めたいという気持ちは変わらず、今の現状にもやもやしているのが心情です。

僕が思うタバコのよくないことについて

  • お金がかかる
  • 依存症になる
  • 周りの人に副流煙を吸わせることになる
  • 匂いが臭い
  • 吸い殻の処理が面倒である

僕の今使用しているタバコです。

タバコのコストについて説明してみる

上記は今僕が吸っている銘柄のKOOLというタバコになります。8ミリですね。

今は約一日1箱吸っていて1箱が490円

わかりにくいので500円にすると

1週間で3500円

1ヶ月31日で15500円

1年で182500円もの出費となります。

かなりの金額ですよね。本当にもったいないと感じています。

下記に合わせて読んでほしい僕の食費の話と生活費の話のリンクを貼っておきます。

ぜひご参照ください。ちなみに僕の食費 生活費の話を下記に記載しています。

よかったらご参照ください。

僕の食費についてのお話はこちら

また僕のミニマムライフコスト(生活費)についての話はこちらからどうぞ

今後のタバコを止めるに当たっての対応策とは?

現状いきなりタバコを止めることは現実的に難しいと思います。

その段階を踏んだ対応策としてプルーム・テックという電子タバコを検討しています。

なぜプルーム・テックに変えるのかというと理由を下記に記載します。

  • お金がかかるコストを大きく下げる事ができる
  • 副流煙を気にしなくても良い
  • タバコの匂いも気にならない

電子タバコはこのようなメリットがあり、中でもお金というコストを大きく下げる事が出来ます。

現状一日1箱吸っているタバコが仮に500円とすると僕のプルーム・テックの消費量はおおよそ四日で1箱。カートリッジ代を同じくらいと考えても単純に1/4の節約になります。

1週間で3500円かかっていたタバコ代が3箱買っても1500円となるとこの差は馬鹿に出来ないですよね。

1年単位で考えるとかなり差が開いてくると思います。

最終的にはどうしていきたいのか?

もちろんお金もかかるタバコは完全に辞めたいと考えています。

ただ、いきなり断つのは正直厳しいので電子タバコを挟んでいきたいと思っています。

下記に僕のオススメの本を紹介いたします。

一時期タバコを止める事が出来たのはこの本のおかげでもあります。

漫画形式で読みやすい為、オススメの一冊となります。

禁煙セラピー。有名ですが、漫画形式は本当に見やすくてすらすら読めます。

最後に

今回はタバコの日常生活にかかるデメリットと今後の対応策について書いてみました。

もし喫煙者の方がいて参考になれば幸いです。

最後まで読んでくださり有難うございました。

ではまた次のブログで

ミニマリストせつな

コメント

タイトルとURLをコピーしました