ミニマリストのモノ カネ 時間について(ミニマリズム)

食の話

ミニマリストせつなです。

先日ふと思ったことをツイートしました。今回はこの内容について考えていきたいと思います。

最初に僕はミニマリストとしてミニマルな暮らしから取り入れたわけですが、やはりお金の使い方や時間の使い方も重要であると感じました。

ミニマリズム

部屋✖️モノ✖️カネ=がバランスよくあれば豊かな暮らしだと僕は思います。

ここでいうカネは生きていく上で必要最低限のお金であると考えます。

ちなみに僕の部屋についてはこちらをどうぞ。

ではモノについて考えていきたいと思います。

モノは多過ぎたらどこに何があるのかわかりません。少なすぎてもいざ必要な時があるかもしれないからダメだし、自分で必要なもの、必要でないものを見極める目が必須かなと思います。

僕にとってまず必要ないモノは大きい家具でした。

理由は部屋を圧迫するからです。小さな部屋に住むためにも少しでも広く見せる為にも必要ではないと判断しました。

そして必要ないモノとしてタバコも辞めました。僕は禁煙外来に通ったのですが、効果は大きく、副作用もあります。もし仮に1日一箱吸ったとして、

一箱500円✖️31日=15500円になります。

一月で収入を上げようとしたら大変ですが、減らすとなるとどうでしょうか?頑張ればいけますよね?

モノの取捨選択はライフコストを削減するだけでなく結果、生活を豊かにすることができると僕は考えています。

今現在僕はタバコを復活してしまいましたが、コスト削減に再び辞めようと考えています。

次にカネについて考えていきたいと思います。

モノが溢れる=いらないものがたまる=無駄な買い物が多い=お金の出費が多い

モノの住所がわからなくなり、また同じモノを買ったり、安易に安いモノを買って、すぐ壊れたり、後悔したりして、結局出費が増えるだけではないでしょうか?モノは沢山持つ必要はないと思いますが、ある程度いいモノを持つほうがランニングコストは良いと思います。

後はスーパーを利用して、自炊をするのも効果的かなと思います。外食は栄養が偏る上、お金もかかりますからね。しかも同じものばかり食べるのは正直僕は飽きます。

そして今までのブログでもちょこちょこ書いてますが、収入を上げるのは難しいが生活費を下げることは容易です。高い家に住むとか、高価な食べ物ばかりを食べるとか、そういう見栄さえ捨てることが出来れば生活費を大きく下げることはかなり簡単でハードルは低いかなと思います。

生活費を下げれば収入を得るために無駄な残業をしなくてもすむし、その浮いた時間を好きなことに当てたり、また正社員に縛られることなく自由な暮らしを手に入れることが出来るのではないでしょうか?というのも月々の生活費が10万円のミニマムライフコストならアルバイトでも頑張れば十分生きていけますよね?

以上となります。

僕なりのミニマリズムの分析をしてみました。

色々とまだまだ実施できていない点もありますが、一つ一つ無駄がないか確かめていこうと思います。

最後まで読んでくださり有難うございました。

では次のブログで

ミニマリストせつな

食の話
シェアする
setunaをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストせつなのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました