ミニマリストのミニマルな一人暮らし物件のメリット デメリット

ミニマリスト

ミニマリストせつなです。先日引っ越しをなんとか終えて物も落ち着きようやく住める環境になりました。

僕が今回ミニマルな物件に引っ越して1週間感じたメリット、デメリットを紹介したいと思います。

僕の部屋のテーマは生活感のない部屋です。それを目標に今回部屋づくりをしました。

初めに。部屋のスペックから

改めて、部屋のスペックからですが、僕のマンションはオートロック付きのエレベーターなしの4F建てのマンションです。部屋は約20平米。鉄骨造 ユニットバス物件です。(なぜか洗面台が2つある。。。)

家賃は共益費込みで4万5千円です。

さて詳しくは部屋紹介でするとして、今回はメリット、デメリットについて紹介していきます。

僕が感じたメリットについて

  1. 部屋が1Rの為キッチン 寝るスペース、食事をする所などすべて手がとどく範囲にあるので動線を確保しとけば非常に使い勝手が良い。
  2. 出窓が適度にあり密閉されずに空気の逃げ道がある。
  3. 最上階の為他人を気にしない。おまけに角部屋の為音も気にならない。
  4. 収納が非常に多い。下駄箱の棚 大きなクローゼット、キッチンの棚等まだまだ有り余っている。
  5. 最上階の為日当たりが良い。ベランダが広いため、お日様の光がよく入る。
  6. デメリットをメリットに変えるユニットバス。一人暮らしでお風呂トイレ別だと僕はトイレの掃除がなかなか行き届いてなかったが、ユニットバスは丸洗いできる為、常に綺麗な状態を保てる。
  7. オートロックはやはり便利、余計な業者などはシャットアウト。
  8. マンションの下が自転車置き場のため出し入れがしやすい。(前は入り口から自転車置き場まで遠かった為、出し入れが非常に面倒。
  9. 独立洗面台はやはり便利。ユニットバスにも洗面台がついていますが、必要なし。
  10. 水回りが完全に隠れていること。洗濯機 トイレ 風呂
  11. 出窓がある為、机の代わりになる。
  12. 床がペット可の物件の為、硬くて傷がつきにくいフローリングで作られている。

僕が感じたデメリットについて

  1. 部屋が1Rの為物の持ち方を考えないと物で溢れてごちゃごちゃした家になる
  2. 白と黒の家なのでカラー系の色は違和感を感じる
  3. 浴室乾燥機がない為、ユニットバスの換気は少し悪い
  4. ベランダに屋根がない為、雨が降ると出れない。(こういうときはインナーバルコニーが良かったなと思います。)
  5. ユニットバスは慣れるまでが違和感感じるかも。お風呂トイレが一緒だと嫌な人には向いてないと思います。
  6. キッチンがリビングにある為臭いのきつい料理をするとそのまま部屋に残る
  7. 鉄骨造のためか大雨が降ると天井から少し音が漏れる
  8. 物件が駅から10分ほどあるので通勤が少し遠くなった。(自転車で駅まで行ってます。)

ざっくりメリットデメリットについて書いてみました。

まとめ

結論から言うとミニマリストの一人暮らしとしてはメリットの方が大きいです。

僕は1Rということで今まで持っていた大きい家具はすべて処分しました。今はクローゼットにすべて収納できるので、生活感はほぼ消えてるかなと思います。パッと見なんもないやん!って思われる部屋に仕上がったかなと手応えを感じています。

物がないおかげで7畳でも快適に生活ができています。ノーストレスですね。

基本的に家具は折りたためるもの収納できるものに絞って買っていますのでミニマルな生活ができていると思われます。

ユニットバスもお風呂に入った時にトイレ浴槽丸洗いしているので今のところ綺麗に使えています。

以上。今回はミニマルな物件の個人的なメリット デメリットについて書いてみました。

この記事を読んでいただけた方は何か一人暮らし、ミニマリストの参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでくださり有難うございました。また次のブログで

ミニマリストせつなでした。

ミニマリスト
シェアする
setunaをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストせつなのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました