僕がミニマリストを目指す時に意識したこと

ミニマリスト

ミニマリストせつなです

本日僕はこの様なツイートをしました。

ミニマリストを目指す時に特に意識したことは見栄を捨てるということです。

以前の僕は見栄で溢れていた人間でした。

その一例となります。

  • 家賃の高い家に住む。
  • お金がないのに高い車を買う
  • お金がないのに高いブランドの服や靴を身に着ける
  • 女性経験を大げさにいう。
  • 対してできていないことをさもできたかの様に言う。

こういったことは日常茶飯事でした。

当時の僕は今だから言うとなんて無駄な出費や見栄を張っていたんだろう。

もっと質素にして貯蓄すればいいのに。

見栄を張るだけ無駄なんじゃない?って今ならそう思います。

結果、失敗の末にミニマリストという生き方に行き着いたのだから結果オーライといえばそれまでですが。

と、見栄の話をしたところで、ツイートの深掘りをしたいと思います。

見栄を捨てる

綺麗な家、綺麗な服そういったモノは確かに魅力的かもしれない。でも自分の背丈にあった生活をしていかないといつまでたっても生活って楽にならない。

僕はそう思います。見栄を張ることを僕は捨てたことで肩の力が降りた感じがして、結果、家賃を下げたり、食費を考えたりと踏み切ることができたのかなと思います。

僕の食費の考え方については下記の記事をどうぞ。

現状の自分を見つめる

今の現状の自分の資産を考える。

散財していた僕には資産がない。

じゃあどうするか?

計画性を持って支出を可能な限りまで下げる。

収入を上げることが難しいなら支出を下げればその分お金は浮いてくる。

上記でもあげた様に身の丈にあった生活をすればお金は貯金できるんだと再認識。

毎月どれだけのお金が出ていくのか?それをしっかり把握してミニマムライフコストを設定、いくらあれば足りるのか?いくら稼げばいきていけるのか?

現状の自分を見つめることは非常に大切なことです。

モノの価値を考えて買い物をする

断捨離を始めた当時の僕。

気づけば周りには価値のないモノばかり。

家電製品や服等。安いからといって即決していたモノばかり。一部は高いモノもあったけど、基本的には価値がなくて売るとしても二束三文か下手したら撤去するのにお金が取られる始末。

モノの出口をしっかり考えて価値のあるモノを揃えていく。

ミニマリストだからって安いモノで揃えるんじゃなくて価値がある少数のモノで生活をしていく。

必要なくなった時にも売れるモノ。

そういったモノで揃えていく様に僕は意識しています。

別で記事を書いていますのでご参照ください。

人付き合いを考える

僕は無駄な人付き合いや飲み会は避ける様にしました。

自分にとってプラスになる人と付き合い続けていきたい。そう考えて今は人付き合いを厳選しています。

この件については僕は前にこの様な記事を書いています。

よかったらご参照ください。

マイナス思考を捨てる

人付き合いの話でもしましたが、マイナス思考の人とは関わらない。

自分自身も前向きに考えていきていく。

こういったことを現在は意識しています。

ローランドも下記の動画で言っていましたが、100人が無理って言っても100人が間違っているって言わせればいい。

才能がないのも一つの才能というとてもグッとくることを言っていました。

卒業生のいない卒業スピーチ「才能が無いことも、1個の才能」バンタン専門校 | 現代ホスト界の帝王ROLAND

僕もこういうポジティブな人間でありたいと思います。

モノを減らす

モノを減らすことによって僕は自分の心を空っぽに、リセットすることができた。

モノを減らすことによってモノの取捨選択ができる様になった。

小さな家でも機能性のある家に住むことができる様になった。

自分にとって必要か必要でないか再認識することができた。

ミニマリストを目指すならまずは現状のモノを整理して減らしていけるなら減らしていくことがオススメです。

最後に

以上で僕がミニマリストを目指す時に意識したことについて解説してみました。

今僕は生活が満たされているし、家もスッキリでミニマルながらも開放感があり、お金の貯まり方も変わってきています。

仕事においても上振れの兆しが見えてきているし、今後もミニマリストとして活動しながら仕事面においても波に乗っていけたらと考えて日々頑張っていきたいと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ではまた次のブログで

ミニマリストせつな

ミニマリスト
シェアする
setunaをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストせつなのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました