僕が禁煙外来に行って薬を飲み続けた話

日常

ミニマリストせつなです。

初めに

今から約半年前僕は吸っていたタバコを辞めようと思い禁煙外来に通ってました。約2ヶ月くらいです。スケジュール的には3ヶ月なのですが、僕は2ヶ月目から完全に禁煙できていました。

前のブログでも書きましたが、1ヶ月31日だとするとタバコ500円✖︎31日=15500円にもなります。中々大きい金額ですよね。

本では禁煙セラピー等も読んでましたが、続かず、最終的には禁煙外来に通って辞めたという話です。その当時付き合っていた彼女も喫煙者だったのですが、僕より先に禁煙外来に行き、タバコを辞めたので僕でもいけるかなと思ったのがきっかけです。

禁煙外来の費用ですが保険3割負担で一回5000円くらいでしょうか。

さて禁煙外来で薬を飲んで直そうとしたらチャンピックスという薬かニコチンパッチ(体に貼って皮膚からニコチンを吸収してくれる製剤になります)もしくはニコチンガムの3種類の選択になりますが、僕はチャンピックスという薬を選択しました。

チャンピックスって実際どうなの?

一番気になる薬ですよね。結論から言いますと、副作用はあります

特に飲み始めの最初は吐き気やめまい等気分が悪くなることが僕はありました。

簡単に、タバコを吸うとニコチン受容体というところにニコチンが結合して、快感を生じる物質(ドーパミン)を放出します。よくある、仕事の一服、ご飯を食べた後の一服。これらはドーパミンが放出されて一服することが快感になっているのでしょう。

喫煙者がイライラするのはその出来事に対してではなくニコチンが切れているからイライラしてしまうのではないでしょうかちょ考えます。

ちなみにチャンピックスという薬は禁煙補助薬であってニコチン切れの症状を軽くしてくれます。僕は1日2回飲んでいたのですが、1週間ほどでタバコを吸おうとは思わなくなりました。

僕の吸わなくなった理由としては

  • タバコを吸っても苦い味しかしない。
  • 煙吸ってるだけに感じて美味しくない。
  • 喫煙者が吸っているカフェの喫煙ルーム等へ行くとすごい匂いが気になる

と言った点がありました。

副作用が怖かったので飲み慣れるまでは仕事の日の朝は飲まないようにして、慣れてきたら2回服用するようなペースでやってました。

これで全く問題はなかったですね。

禁煙外来は本来12週間がベースの為、勝手に中断しないことが禁煙を成功させるポイントかなと思います。

ちなみに医者に通院した時にニコチンの検査(息を吹きかけるやつ)を行うので吸ってたら普通にばれます。

でもニコチンの数値が徐々に下がっていったのは禁煙のモチベーションの維持につながったかなと思います。

最後に

以上僕が禁煙外来に行って薬を飲み続けた話を簡単ですが書いてみましたが、中々自分の意思でタバコを辞めるのは難しいかなと実際思います。

そんな時は禁煙外来を利用してみてもいいのではないでしょうか?

チャンピックスを服用するとタバコが美味しくなくなる、これは服用者にしかわからないことだとは思いますが僕は実際美味しくなくなりました。

僕のブログで禁煙者が増えれば嬉しいですね。

最後まで読んでくださり有難うございました。

では次のブログで

ミニマリストせつな

日常
シェアする
setunaをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストせつなのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました