僕がうつ病になって仕事で失ったもの、得たもの

ミニマリスト

ミニマリストせつなです

タイトル通りの失ったもの 得たものについて書いていきたいと思います。

先に言うと僕が失ったモノはステップアップするキャリアからの脱落

得たものは精神的な安心感です。

初めに

僕は4年生大学を卒業後、新卒で小売業の会社に入って今年で13年目になりますが自分なりに体調とメンタル面を気にしながら仕事をしています。

結論から言うと僕は会社を2回病気で休職しています。メンタル系の病気でした。今でいううつ病ってやつですね。そして今人生について悩んでいます。

20代の頃はがむしゃらに働いてきて目の前の仕事をしっかりこなす。上司には死ぬほど怒られましたがそれでもなんとかやってきた。僕は仕事のスキルに関してはずば抜けたセンスや才能もなくどちらかと言うと遠回りな仕事の人生を歩んできたのかなと思います。

僕の職歴について

元々僕は要領が悪く仕事もいつも朝早くから閉店近くまでやっていました。

それでも7年目に主任のポジションにつくことが出来ました。元々同期よりも出遅れていた僕はある先輩(今でもありがたいことに交流させていただいてます。)との出会いで仕事に関する考え方を改め、おかげで主任になれたのかなと思います。

これが僕がある先輩から学んだこと。

  • 仕事を時間内に終わらせる段取り
  • 商品の仕入れの仕方 販売方法
  • コミュニケーションの取り方
  • ビジネスマナー

主にこの4つを学びました。これらをトレーニングすることで僕の仕事っぷりは見違えるくらい成長したと思います。(代償として当時は死ぬほど怒られましたが。)

正直この時点で辞めようかなって少しメンタルをやられました。

それでも元々人に仕事を教えることが好きな僕は主任になった後も教育係であるトレーナーになりたいなと思いながら仕事をしていました。

そんな中ある日新店舗のオープニングを任せられるようになり、開店準備に勤しんでいたわけなのですが、元々家庭の事情メンタルが弱りきっていた僕にはとても当時はこなせなかったですね。

そんな中オープン前で身体に異常をきたし痺れを起こして精神的不安やストレスから休職をしました。

医者の診断はうつ病。抑うつ状態とのことでした。当時の僕はショックではあったもののまぁそうだよねって割り切りも半分くらいありました。

当時うつ病の僕が感じた状態(抑うつ状態です。)

  1. やる気が出ない
  2. 身体が動かない
  3. 一日気分が沈んだまま(1日心が億劫)
  4. 食欲がない
  5. 泣きたくなる
  6. 好きでもないのに異性に愛情を求める(色々な意味で。。。)
  7. 眠れない
  8. 眠れても睡眠が浅く夜中に目がさめる
  9. 疲れが取れない
  10. 自分を否定する人に攻撃的な感情になる。(抑うつでは中々みられませんが)

このような症状が出て僕は初めて精神科の門を叩いたのです。その時の僕は藁にもすがる思いでした。メンタルクリニックの先生にスマホでメモしたことを全て打ち明け、その結果当時はすごい気持ちが楽になったと思います。肩の力が抜けた状態でした。

こうしてうつ病診断をされた僕は夏前の時期で医者の診断書を出して3ヶ月ほど休むことになったのです。

僕が仕事を休んで得たもの

  • 精神的な安定
  • 仕事から解放された安堵感
  • 身体の不調の改善
  • 吐き気 食欲の無さの改善
  • 安定した睡眠時間と規則正しい起床
  • やりたかったことへのチャレンジ
  • 公園でぼーっと空を眺めるリラックス
  • 逆に仕事がない不安

辛い仕事から解放された僕はその当時すごい安堵感とその反面この先どうなるんだろうと言う不安、正直両方ありました。

結果から言うと僕は休職中の3ヶ月間は自由に生活をし、やりたいことをやっていました。

旅行に行ったりtwitterの人に会ったり家族との時間をゆっくり過ごしたり好きなゲームのイベントに行ってみたり公園でぼーっとしてみたり、今までしてなかった事をしてみました。

意外と公園でぼーっと空を眺めるだけでも気持ちが随分落ち着くものなのですね。

そうこうしているうちに月日が過ぎていくに従って僕はまた働きたいなって気持ちが少しづつ湧いてきて復職を決意したのです。

3ヶ月経って復職へ

復職の連絡を人事にして、指定の日に本社で人事部と相談した結果、主任の地位を降りて僕は会社で再スタートを切りました。もちろん医者の診断書は持っていきました。

まぁこの段階で出世のキャリアからはレールが外れるわけです。

そして僕の新たな仕事が始まりました。

新しい職場うつ病に理解のある上司と恵まれた環境の店舗に配属されたこともあり、自分の人に仕事を教えるスキルを活かして後輩に指導するなど新しいポジションで気楽に働いていました。その当時はすごい充実した日々を過ごしていたかなと思います。

その後も店舗を移り副主任として働いていたある日、運命の人事異動が発令し、僕はとあるお店へ。当時特殊な環境の変化についていけず、僕は2回目の休職をしました。ぶっちゃけ二日しか出勤できませんでした。だんだん調子は良くなってきていたところだったのでこれは本当に悔しかったです。でも自分もぬるま湯に浸かった環境で慢心していたからなったのかなと反省すべき点もあります。

しかし実際はうつ病は完治していなかったいう現実に打ちのめされました。

うつ病とサボりぐせは紙一重ですよね。

2回目の休職へ

2回目の休職は当時、貯金もそんなになかった為、結果1ヶ月で復職しました。仕方のない事ですが僕が初めてお金の無さを痛感した瞬間でした。そして今度はさらに地位の低いポジションで仕事をすることに。その時あぁ僕は地の底まで落ちたんだなと実感しました。2回目の休職って1回目と違って人事の印象は冷たくまた休むのかって言いたいんだなと面談を通じて僕は感じました。一回目はあれだけ心配してくれたのにね。

まだまだ会社はうつ病に対して理解が少ないんだなって感じました。

このとき僕のキャリアは完全に終わったと思いました。

しかしこの段階ではまだフリーランス等、新しい道は考えていませんでした。

ちなみに当時僕を支えてくれた女性がいたのですが、上記のうつ病の感じた状態から精神的不安定という事で言葉は悪いですが、利用するだけ利用して結果突き放してしまいました。本当に申し訳ないと思っています。うつ病を言い訳にはできないですね。

そして現在へ

現在は副主任まで戻ることができました。今後は自分のメンタル主任になる覚悟を自分に問いながら自身を持って主任をやりたいって思えたら元のポジションに戻りたいと考えています。

しかし休職して思うのはこの会社にそこまでして働き続ける意味があるのか?と感じたことです。もうフリーランスで自由に働く方がストレスもなく自分に合っているんじゃないかと。

しかしここでまた人生の分岐点がやってくるとは。。。

当時付き合っていた結婚を考えていた彼女との突然の別れ

僕がミニマリストになるきっかけになった出来事です。

ミニマリストを目指して収入を上げることは難しいが、減らすことの方が簡単

今までの無駄遣いの出費。多くのことに気づきました。

今後の人生の進む道についても考えさせられました。

今僕はこうやってブログを書いていますが、今は正直副業というほどでもないですが、将来的に収益のメインになるならフリーランスになってブロガー一本という道もありますし、ネットワークビジネス、や、人にものを教える技術を活かしてコンサルをしてみたい等、色々考えています。

今の仕事でも管理職になって給料面に対する対価として私生活に縛りがあるなら正直魅力を感じないし、主任 副主任でもいいのかなって色々な人生の道が目の前に広がってどの道を進もうか試行錯誤しているところです。

今は現状の職場で働いていますが、今後は正直よく考えて道を選びたいと思います。

給料を多くもらうよりもミニマムライフコストをしっかり下げて、主任 副主任のポジションで趣味のブログヨガを楽しむ。それでも貯金もできるだろうし、生活も十分できると思います。

もちろんフリーランス視野に入れていますし、今は色々情報を集めている時期でもあります。

結論は好きな仕事で縛られずに自分の力でお金を稼ぎたい。僕のキーワードはミニマリスものに縛られないで豊かに生きる 自由に生きるそれが目標でもあります。

個人的に仕事でお金を得ても私生活を犠牲にするのは僕は違うと思います。

僕はミニマリストとして収入は少なくてもミニマリズムを取り入れ、豊かに暮らす。僕の最終着地地点です。

ブログはその第一歩でもあります

まだまだ駆け出しのブロガーではありますが、同じミニマリストブロガーさんで超えたい人がいます。その人を超えれるように地道に頑張っていきたいですね。

後は僕の経験した精神的なこと、これから発信していく僕のミニマリズムを他の人ともシェアしたい。そんな風に考えています。

以上最後まで読んでくださりありがとうございました。

ではまた次のブログで

ミニマリストせつなでした

ミニマリスト仕事の話
シェアする
setunaをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストせつなのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました