一人暮らしミニマリストの自己紹介の話

ミニマリスト

ミニマリストせつなです。

大阪府に在住の30代。(2019年現在)ある出来事から人生の転機となりブログを立ち上げて地道に活動しています。

現在大阪の小さい部屋でミニマリストとして一人暮らしをしています。

僕の仕事場(イメージです)

僕の仕事は某小売業の野菜果物を販売する店員をやっています。もう12年くらいやっているので季節の野菜や果実についてはかなり詳しくなったかなと思います。

拘束時間の長い仕事をしながらブログを書くのは控えめに言っても中々ハードです。

僕がミニマリストとして目覚めたきっかけとは

当時仕事場でうつ病を発症し、2回休職ののちにある彼女と出会いました。

1年半ほどお付き合いをして、当初結婚予定だったその彼女お金を失い、失意のどん底からあるミニマリストブログにたどり着く。(ちなみに初めてたどり着いたブログはミニマリストしぶさんのブログでした。)

夢中で読み漁っていたミニマリストのブログを読み終えてその人の本を買ってみたり、初めて本やメディアでインプットする行為をしてみる。

彼女を失った失意とモノで溢れかえっていた僕は無我夢中で断捨離をし、ミニマリストを目指していくことになる。

モノを減らした結果、当時の僕の心にはモノのない空間に落ち着いた安心感と同時に如何しようも無い心の空っぽさが残りました。

とはいえ今まで様々な経験をした僕はこう思いました。

ミニマリスト 仕事 うつ病 色々な経験をブログで僕も発信したい

これがミニマリストとミニマリストせつなのブログとの出会いです。

ミニマリストの自己紹介を終えて

ミニマリストを目指す今の自分に必要なのはストイックな環境であると考えます。

お金の節約 固定費の見直し モノの断捨離

ミニマリストとしての生き方は僕には必要不可欠な要素だと認識。

僕のミニマムライフコストを削減して節約をして借金を返してマイナスを0にする。それからが僕の人生の再スタートになるのではないでしょうか。

モノ ヒト カネを断捨離。

僕の自分なりのミニマリズムを再構築し、新しい人生を開く。

ブログを書くことで何か新しい道を示せればと考えています。

そんな一人暮らしのミニマリストの自己紹介でした。

今後も何かあれば追記していきますのでよろしくお願いします。

最後まで見てくださり有難うございました。

ミニマリストせつな

コメント

タイトルとURLをコピーしました